事実がある

紹介しよう「銀行の経営なんてものは銀行自身に信頼があって勝者になるか、そこに融資する値打ちがあるとは言えない銀行だと断定されてうまくいかなくなる。どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
覚えておこう、デリバティブというのは伝統的なこれまでの金融取引または実物商品や債権取引の相場変動を原因とする危険性を避けるために実現された金融商品の名称であり、金融派生商品とも呼ばれる。
ですから安定という面で魅力的ということに加え活気にあふれた金融に関するシステムを生み出すためには、どうしても銀行など民間金融機関だけでなく行政がお互いの解決するべき課題に積極的に取り組まなければ。
そのとおり「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、代表的な機能のことを銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資(貸付)」「為替」といった業務、そしてその銀行自身の信用によってはじめて機能しているものだといえる。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金について。銀行で扱うことができる外貨建ての商品のこと。外貨によって預金をする商品である。為替の変動による利益を得られる可能性があるが、同時に損をするリスクもある(為替リスク)。
確認しておきたい。外貨預金のメリットデメリット。銀行が取り扱う外貨建ての資金運用商品であり、米ドルなど外国通貨で預金する商品の事。為替レートの変動で利益を得られる可能性があるが、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。
ゆうちょ銀行(JPバンク)から提供されるサービスのほとんどは従前の郵便貯金法の規定に基づいた「郵便貯金」とは異なり、民営化後は銀行法での「預貯金」に則ったサービスなのだ。
損保会社の業界団体である日本損害保険協会は、日本における損害保険各社の健全で良好な発展さらに信頼性を伸ばすことを図り、これにより安心であり安全な世界を形成することに役立つことを目的としているのです。
覚えておこう、ペイオフってどういうこと?残念なことに発生した金融機関の経営破綻が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護する預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。
覚えておこう、金融機関のランク付けというものは、格付会社が金融機関だけではなく金融商品または企業・政府などに関する、信用力や債務の支払能力などを主観的に評価するのだ。
巷で言う「失われた10年」が指すのは、国そのものの、または一定の地域の経済が10年くらい以上の長期間にわたって不況や停滞に直撃されていた時代を表す言い回しである。
一般的にスウィーブサービスについて。普通預金と同一金融グループの証券取引口座間なら、株式等の取引で発生するお金が手続き不要で的に振替されるぜひ利用したいサービスである。同じ金融グループによる顧客の囲い込み作戦ということ。
まさに世紀末の2000年7月、大蔵省から今度は金融制度の企画立案事務を統合させてこれまであった金融監督庁を金融再生委員会の下に属する金融庁に改編。21世紀となった2001年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
よく聞くコトバ、外貨MMFの内容⇒日本国内でも売買してもよいとされている外貨建て商品の名称である。外貨預金よりも利回りがかなり高く、為替変動によって発生する利益が非課税だというメリットがある。証券会社で購入できる。
15年近く昔の平成10年12月、当時の総理府の内部部局ではなく外局として委員長は国務大臣とした機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に約2年半据えられていたという事実がある。

広告を非表示にする